本文へスキップ

ガソリン直墳と希薄燃焼のエンジンのカーボン蓄積

あなたのおクルマのエンジンをベストコンデションに回復させ、保ちます!








ガソリン直墳と希薄燃焼の
エンジンのクリーンアップ

About ECONOMY
技術資料  Technical know-how

低燃費モードで走行するほど
燃費が悪化する!?
 

近年のエンジンはより高い洗浄能力のエンジン内部清浄剤を求めている

意外なことかもしれませんが、ダイレクトインジェクション(直噴)などの低燃費の車が、エコモードで走行するほどカーボン堆積物の蓄積を増やし、結果として燃費悪化を招くことがあります。とくにレギュラーガソリンを使用した場合多く考えられます。

ダイレクトインジェクション(筒内直接燃料噴射)やさらにリーンバーン(希薄燃焼)など、燃焼向上やガソリン混合比を薄くし燃費改善する傾向が自家用車の多くを占めるようになってきています。これに伴い燃焼室内での混合気のスワールやタンブルの動き(渦)が重要になります。
しかし、走行数が多くなるとカーボンの堆積・固着によりエンジン設計どうりにスワール等が発生出来なくなることがあります。とくに低負荷・低回転の低燃費モードでの走行は燃焼室内のカーボン堆積物の蓄積を助長させます。

すると燃焼状態が悪くなり、高効率燃焼が成立しにくくなります。つまりパワーダウンやレスポンスの悪化、アイドリングの不調はこのような理由で起きます。
特に思い当たる原因もなく燃費の悪化した場合などはエンジン内部のカーボン堆積が原因例と考えられます。


テスト車両:例
Mitsubishi

Galant GDI1800cc
1997年
走行約9万キロ

インテークバルブ
&インジェクター
クリーンアップ前


クリーンアップ後

PEAエンジンコンデショナー
1本注入走行後
(約700km)



インジェクターの噴出口の詰まりがなくなっています。またその周辺のデポジットも取れていて、清浄作用の証明です。
→燃料の霧化状態がよくなり、レスポンスの向上が期待出来ます。

Mitsubishi Galant GDI 
ピストン&燃焼室
クリーンアップ前

クリーンアップ後
1本注入走行後(約700km)


Mitsubishi Galant GDI 
ピストン&燃焼室
クリーンアップ前

クリーンアップ後
1本注入走行後(約700km)

ピストン上部のカーボン堆積物が剥がれてピストンのアルミの地肌が出てきているのが見てとれます。とくにインジェクションの噴射した方向が著名に取れています。

→燃焼効率の向上が期待出来ます。

燃焼室はカーボン堆積物が取れ燃焼効率の向上が見られ、とくにインジェクションから噴射した付近がクリーンアップされています。
→エンジンノイズの低減、燃費の向上を促進します。

上記の例はダイレクインジェクションエンジンの代表例を掲示いたしましたが、希薄燃焼のガソリン直墳エンジンの特徴は従来より薄い混合気で走行することか出来るため燃料消費低減することです。
この希薄燃焼を成立するために燃焼室内で強い渦・タンブルなどを発生させ燃焼を安定させています。
しかしカーボン堆積物の蓄積があるエンジンでは燃焼状態が不安定になります。
とくにレギュラーガソリンを使用した場合にガーボンの蓄積は激しく燃焼の不安定を招く可能性が高いです。そのため定期的なカーボン堆積物の除去が必要になるのです。


またエンジンオイルが早く汚れてしまいやすい直接噴射エンジンは、未燃焼ガソリン(燃料の燃え残り)がエンジンオイルに混合している可能性があります。
つまり未燃ガソリンがオイルに混入しオイルを汚し、粘度を下げてしまいます。
最悪の場合、致命的なエンジントラブルの可能性があります。早めのカーボン堆積物の除去をして燃焼状態の安定を図る必要があります。



→次の項目に
どこが違うPEA?
製品説明と、製品のもたらす効果など、ご説明
PEAの製品説明
PEAエンジンコンデショナー

PEAエンジンコンディショナー

ナビゲーション