カーボン堆積物によるエンジントラブルとは?
カーボン堆積とは

どこが違うPEA?

PEAの経済性

製品説明



技術資料
   もくじ


技術資料Part1

技術資料Part2

燃料による影響
ガソリンでの違い

燃焼室テスト結果
直墳エンジンなど

よくある質問等
技術資料Q&A



ご使用方法



PEAご注文



訪問販売法に
基づく表示

お問い合わせ
(個人情報保護法)




モニター募集


モニター外国車

モニター国産車



モニター体験後の
モニターご返答


オーナーズクラブ
リンク集
カーオーナーズクラブのリンク集


ビジネス企業
リンク集





お問合せフォーム

当ホームページは日本向けの情報です。このサイトの構成、レイアウト・デザインに関する著作権は、エフティーシーに帰属します。
またホームページに記載されている内容は、予告なく変更することがあります




エンジンへの癒しエンジン内部清浄剤

PEAエンジンコンデショナー

PEAエンジンコンデショナーに関するQ&A


Q&Aコーナー
 Questions and Answers


お客様からいちばんご質問の多いQ&Aの一部掲載しております。

Q:なぜクルマに PEAエンジンコンデショナー を入れる必要があるのですか?
A:クルマはガソリンを使い走ります。走行数にしたがって徐々に燃えカス(カーボン堆積物・デポジット)が蓄積されていきます。そのため定期的なカーボンデポジット除去が必要になるためです。

Q:それでは PEAエンジンコンデショナー を入れないとどうなりますか?
A:走行数に従いカーボンデポジットが徐々に蓄積されることは説明しましたが、多くのオーナーの方々は2回目車検を受けるぐらいから自分の車がだいぶくたびれてきたと感じませんか?そろそろ新車への買い替えを考えてしまうのではないでしょうか。新車のときから比べるとエンジンもかかりにくさが目立ち、エンジンノイズが気になり、燃費も悪くなってきたなど感じるはずです。これらはエンジン本体の耐久性によるものもあるとは思いますが、それだけではなく、デポジットによる原因が多く占めています。

Q:どのようにカーボンの除去をするのですか
A: PEAエンジンコンデショナー は燃料系統・インジェクター、インテークバルブや燃焼室に固着しているカーボンデポジットに吸着し、燃焼温度により浸透していきます。そしてエンジンを停止した際にカーボンを徐々に分解していきます。次に、再度エンジンをかけたときに分解され剥がれやすくなったカーボンが燃焼・排出されます。

→ノック音等の体感的な減少は
PEAエンジンコンデショナーを入れてからしばらく走行した後、翌日再度走行を始めると、エンジンが暖気されていく度に、ノック音が減りスムーズな加速感を感じられ、新車のころのイメージが戻ってきたと感じられると思います。
燃料タンクに混合した当製品を使い切るあいだに、徐々にカーボン堆積物を分解し燃焼・排出しますので、一定の除去時間がかかります。
しかしエンジンを全く痛めず、カーボンも分解燃焼しますので、排ガスもきれいで、触媒にも詰まりや損傷等の悪影響を与えません。

Q:わたしは、清浄剤配合のプレミアムガソリンを使っていますので、エンジン内部清浄剤はいらないと思いますが?
A: PEAエンジンコンデショナー を満タンに1本入れることにより清浄剤配合のプレミアムガソリンに対し、清浄成分が数十倍の濃度になりますので大幅な清浄力が期待できます。さらにポリエーテルアミンを主成分としているため、効果は大きいです。特にもし走行距離が多いクルマで本製品を使用し変化が感じられなければご連絡ください。またレギュラーガソリンを普段お使いであれば比較にならないほどの体感さがあると思われます。

Q:大型の量販店などで数多くのガソリン添加剤や水抜き剤を目にしますがどれも同じではないでしょうか?
A:私どもも多くのガソリン添加剤があることも承知しています。そして多くの製品のテストをしております。出力向上を狙ったガソリン添加剤、ガソリンタンク内の水抜きを目的にしたもの、など多くの目的を誇張している製品があります。その中には逆にカーボンデポジットの増加を助長させてしまうものもあるくらいです。より確かな情報が求められる時代だと思います。PEAエンジンコンデショナーは清浄成分として現在、最も有効とされているポリエーテルアミンを高い精製技術を用いて100%の高濃度配合してあります。つまりカーボンデポジットを確実に除去する力があります。新しいクルマであればキープクリーン効果でエンジンを守り、走行距離が多いクルマであれば確実にデポジット除去による出力回復・燃費改善されます。

Q: PEAエンジンコンデショナー を使うとエンジンパワーは、何馬力上がりますか?
A:本製品は、他の添加剤のように馬力UPを謳った製品ではありません。ガソリンのオクタン価を上げ馬力を無理に上げるといった宣伝文句のものではありません。PEAエンジンコンデショナー はいかに新車の状態を長期間キープ出来るかをコンセプトとして開発した製品です。自動車メーカーがエンジン設計したとおりの性能/コンディションを保たせることを重要と考えて作られています。ですから単純に何馬力上がればよいとは考えておりません。新車に近い状態のくるまでは体感でもほとんど変化を感じられない場合がございます。しかし旧車・高年式車では驚くほどの燃費回復、エンジンノイズの低減を感じられることでしょう。その他、出力向上のエンジンチューニングを施した車両に使用の場合は、PEAエンジンコンディショナーのデポジット除去後の圧縮比の変化やインジェクジョンの詰まり解消を加味しなければなりません。ただ単に当製品を注入しただけですと要求点火タイミングの変化などによりデトネーション等のトラブルの引き金に関係することもあります。詳しくはE-Mailにて当社・テクニカルサポートまで問い合わせ下さい。

Q:この製品はオートバイにも使えますか?
A:PEAエンジンコンデショナーはオートバイ用としても対応しています。2サイクル車でも安心して使えます。まだまだオートバイはキャブレーター車が多くカーボンデポジットが堆積しやすいといえます。オートバイの満タン(20Lとして)に対し本製品を1/3〜半分ぐらいをめどにご使用下さい。ただし極度に改造しエンジンの馬力を上げている車両には前項にも触れているとおり単に当製品を注入するだけですとあまりお勧めできません。とくにデトネ−ションを起こしやすい2サイクル車は、最初は混合量を少なくし様子を見て下さい。

Q:自動車メーカーはエンジン内部清浄剤を推奨しているのでしょうか?
A:日本のメーカーもガソリン添加剤を販売しておりますし、ガソリンメーカーも販売しております。ただし欧米のようにサービスマニュアル等により何千km毎に入れてくださいなど、走行数による指定はしていないのが現状です。


エンジン内部清浄剤 資料


次へ エンジン内部洗浄剤の役割を簡単に説明致します TOPページに戻る
PEAエンジンコンデショナー

カーボン堆積Deposits | PEAとは | PEAの経済性 | PEAの製品説明 | PEAご注文方法 | モニター募集 | PEAエンジンコンディショナー | エンジン内部清浄PEA

*ご質問等は PEAお問い合わせフォーム までお問い合わせください。

PEAエンジンコンディショナー