カーボン堆積物によるエンジントラブルとは?
カーボン堆積とは

どこが違うPEA?

PEAの経済性

製品説明



技術資料
   もくじ


技術資料Part1

技術資料Part2

アイドリング
ストップ


燃料による影響
ガソリンでの違い

燃焼室テスト結果
直墳エンジンなど

よくある質問等
技術資料Q&A



ご使用方法



PEAご注文



訪問販売法に
基づく表示

お問い合わせ
(個人情報保護法)




モニター募集


モニター外国車

モニター国産車



モニター体験後の
モニターご返答


オーナーズクラブ
リンク集
カーオーナーズクラブのリンク集


ビジネス企業
リンク集





お問合せフォーム

当ホームページは日本向けの情報です。このサイトの構成、レイアウト・デザインに関する著作権は、エフティーシーに帰属します。
またホームページに記載されている内容は、予告なく変更することがあります




エンジンへの癒しエンジン内部清浄剤


PEAエンジンコンデショナー

アイドリングストップ

アイドリング・ストップとカーボン蓄積の関係

 No Idling

アイドリングストップはエンジンカーボン堆積物を増やしてしまうか? 

最新のエンジンは、最高のエンジン内部清浄剤を必要としている

ガソリンエンジンでアイドリングストップ機能は、いまや当然のエコアイテムです。軽自動車から、スーパーカーのような車種にも装着されております。

アイドリングSTOPを繰り返すと、不燃焼ガスがたまりやすくなります。これも燃焼状態が悪くなりパワーダウンやレスポンスの悪化、アイドリングの不調はこのような理由で起きます。エンジン内部のカーボン堆積が原因のひとつです。

アイドリングSTOPを繰り返すと、不燃焼ガスが
たまり、カーボン堆積物が、蓄積しやすくなる。

より詳しいエンジンテスト写真はこちら をご覧ください。

インジェクターの噴出口の詰まりがなくなっています。またその周辺のデポジットも取れていて、清浄作用の証明です。
→燃料の霧化状態がよくなり、レスポンスの向上が期待出来ます。

カーボンデポジットが蓄積したパルブ カーボンデポジットが蓄積したピストン
より詳しいエンジンテスト写真はこちら をご覧ください。

インテークバルブのカーボン堆積物。

エンジン内部のピストンTOPのカーボン堆積物。


燃焼室に蓄積したカーボン堆積物。


エンジン内部清浄剤 資料



エンジン内部洗浄剤の役割を簡単に説明致します TOPページに戻る
PEAエンジンコンデショナー


エンジン内部清浄PEA | カーボン堆積Deposits | PEAとは | PEAの経済性 | PEAの製品説明 | PEAご注文方法 | モニター募集 | PEAエンジンコンディショナー

*ご質問等は PEAお問い合わせフォーム までお問い合わせください。

PEAエンジンコンディショナー