カーボン堆積物によるエンジントラブルとは?
カーボン堆積とは

どこが違うPEA?

PEAの経済性

製品説明



技術資料
   もくじ


技術資料Part1

技術資料Part2

燃料による影響
ガソリンでの違い

燃焼室テスト結果
直墳エンジンなど

よくある質問等
技術資料Q&A



ご使用方法



PEAご注文



訪問販売法に
基づく表示

お問い合わせ
(個人情報保護法)


会社概要



モニター募集


モニター外国車

モニター国産車



モニター体験後の
モニターご返答


オーナーズクラブ
リンク集
カーオーナーズクラブのリンク集


ビジネス企業
リンク集





お問合せフォーム

当ホームページは日本向けの情報です。このサイトの構成、レイアウト・デザインに関する著作権は、エフティーシーに帰属します。
またホームページに記載されている内容は、予告なく変更することがあります


 



エンジンへの癒しエンジン内部清浄剤

PEAエンジンコンデショナー

PEA製品のご使用方法

  How to use
PEAエンジンコンデショナー はインテークバルブや燃焼室に固着しているカーボンデポジットに吸着し、燃焼温度により浸透していきます。次に走行が終わりエンジンを停止した際にカーボンを徐々に分解していきます。そして再度エンジンをかけたときに分解されたカーボンが燃焼排出されます。
→エンジンのノックキング、レスポンスの悪さ等の体感的な減少は
PEAエンジンコンデショナー を入れてからしばらく走行し停止した後、翌日再度走行を始めると、エンジンが暖気されていく度に、ノック音が減りスムーズな加速感を感じられ、毎回の走行のたび徐々に新車のころのイメージが戻ってきたと感じられるのではないでしょうか。
レギュラーガソリン対応となっている車種でもハイオクガソリンでないとスムーズに走れないなどの場合があります。こういった車種の場合も本製品を定期的に注入することによりレギュラーでもスムーズに走れるようになると思われます。


ご使用方法

燃料タンク満タン(約50〜60リットル)に対し、 を1本注入して下さい。
(ガソリンタンク容積やガソリン給油量によってガソリン約50リットルに対し1本の混合比になるよう本製品の注入量を調整下さい。)

ガソリン給油の前に当製品を燃料タンクに注入し、その後すぐにガソリンを満タンにします。
ガソリン給油により、PEAが撹拌(カクハン)され、ガソリンとの混合が良くなります。



効果維持のため、その後は走行3,000km〜5,000Kmぐらいをめどに毎回1本のご使用をお勧めします。

参考として、オイル交換時と同時、またはオイル交換前の注入が目安です。

もしくは2本目から、クリーン効果を保つため、毎回の給油のたびに当製品ボトル少量1/4〜1/2ずつ注入して下さい。(状況に合わせ注入量を調整ください。) とくにレギュラーガソリンをご使用の方にお勧めします。

高年式車・旧車は、使用開始時、連続2回のご使用をお勧め致します。
また直接噴射エンジンでエンジンオイルが早く汚れてしまう場合は、未燃ガソリン(燃料の燃え残り)がオイルを希釈している可能性があります。つまり未燃ガソリンがオイルに混入しオイルを汚し、オイルの汚れや粘度変化を起こしてしまい、最悪の場合、致命的なエンジントラブルの可能性があります。オイル交換をした後、当製品をお使いになることをお勧めします。

(当製品を少量ずつの分割ご使用の場合、開封前に当製品を軽く振ってカクハンして下さい。また保管時はキャップをしっかり閉め暗所で保管いただき、なるべく早く使い切ってください。)

ご注意1):連続で3本以上の使用の際は、オイルリングからのガソリン希釈にてカーボン分解成分がオイルに混合する可能性があります。製品を使い切った走行後に、エンジンオイルの交換をお勧めします。オイル交換をしないとエンジン損傷の危険性があります。

ご注意2):当製品はエンジン内部のカーボン堆積物を取り除くものです。お客様のクルマが、これに該当すれば明らかに効果を発揮しますが、下記のような場合は正規デーラーや修理工場に修理依頼した後に、当製品をお使いください。

*エンジン本体の機械的・電気的な損傷や故障の疑いがある場合。
*自動車メーカーの指示するオイル交換や、定期点検、定期交換を怠っている場合。
*事故による修理等が不十分な場合。


ご使用に際しては製品の注意書きをよくお読みの上、ご使用下さい。

適用車種

すべてのガソリン車にご使用いただけます。
ダイレクト・インジェクション(直噴)エンジンやリーンバーンエンジン、ターボ車にも大きな効果が期待出来ます。

またオートバイ用としても対応しています。2サイクル車でも使えます。まだまだオートバイはキャブレーター車が多くカーボンデポジットが堆積しやすいといえます。オートバイの満タン(20Lとして)に対し本製品を1/4〜半分ぐらいをめどにご使用下さい。ただしデトネーションを起こしやすい2サイクル車は、最初は混合量を少なくして様子を見て下さい。


注意:ディーゼルエンジンも使用可能ですが、本来燃料成分等が違うため、ガソリンエンジンほどの効果は期待できない可能性があります。

極度に出力向上のチューニングしたエンジンでは点火時期等が変化する場合がありエンジン破損の危険がありますのでご注意ください。

車両イメージ

PEAエンジンコンデショナー

カーボン堆積Deposits | PEAとは | PEAの経済性 | PEAの製品説明 | PEAご注文方法 | モニター募集 | PEAエンジンコンディショナー | エンジン内部清浄PEA

*ご質問等は PEAお問い合わせフォーム までお問い合わせください。

PEAエンジンコンディショナー