カーボン堆積物によるエンジントラブルとは?

カーボン堆積とは

どこが違うPEA?

PEAの経済性

製品説明



技術資料
   もくじ


技術資料Part1

技術資料Part2

燃料による影響
ガソリンでの違い

燃焼室テスト結果
直墳エンジンなど

よくある質問等
技術資料Q&A




ご使用方法



携帯からご注文

PCからご注文



訪問販売法に
基づく表示

お問い合わせ
(個人情報保護法)


会社概要



モニター募集



お問合せフォーム

当ホームページは日本向けの情報です。このサイトの構成、レイアウト・デザインに関する著作権は、エフティーシーに帰属します。
またホームページに記載されている内容は、予告なく変更することがあります



オーナーズクラブ
リンク集
カーオーナーズクラブのリンク集


ビジネス企業
リンク集



モニター体験後の
モニターご返答




エンジンへの癒しエンジン内部清浄剤


PEAエンジンコンデショナー

カーボン堆積物によるトラブル

What is DEPOSITS?
最近こんな症状ありませんか?

とくに思い当たる原因もないが、エンジンがもたつき、加速が悪くなった。
普段オイル交換など気を使っているのでトラブルを起こすはずはないが、燃費が悪くなってきた。
アイドリングが落ち着かなく、エンストしやすくなった。またエンジンがかかりにくい。
ちょうど2回目の車検を通したぐらいからエンジンのくたびれを感じ、今、くるまの買い替えを考えている。
点検はきちんとしているが、ディーゼルエンジンのようなエンジンノイズが出てきてしまった。
加速時にカリカリとノッキングしてしまうようになった。
これらはエンジン内に固着したカーボン堆積物によるトラブルの可能性があります。
(とくに普段、レギュラーガソリンをお使いであれば、堆積量は多いと思われます。)


あなたのおクルマはいかがですか?
新車の状態から比較して、エンジンのくたびれ(パワーダウン・レスポンス低下)が感じられましたら、それはエンジン内部のカーボン堆積によるトラブルの可能性があります。
高年式車はエンジン本体の機械的な磨耗・損傷もあるかもしれませんが、現在、自動車メーカーは信頼性のため、30万km程の耐久試験をしています。自動車メーカーの指定する定期整備・部品交換をしていれば、常識的な走行をしている限り、簡単にひどい磨耗や損傷にて、エンジンのくたびれや壊れてしまうものではありません。
エンジンイメージ
いつ頃からカーボン堆積は始まるのか
当たり前ですが、エンジン内部に蓄積するカーボン堆積物は新車のときは堆積はなく、徐々に蓄積していきます。
一般にエンジンの故障がない限り、カーボン堆積は直ぐに溜まるものではありません。2回目の車検以降、または走行3〜5万km以上がひとつの目安でないでしょうか。

ひとたび一定のカーボン堆積量の限度を超えると、急速に蓄積をしていきエンジン不調の症状を発生させます。これは一定の限度を超えたことにより明らかな燃焼効率の低下や吸気・排気効率の低下を招くためです。この低下により悪循環が起き、カーボン堆積物が急増します。

一定のカーボン堆積量の限度を超える原因としては、
1)高年式・高走行数の場合(当たり前ですが、やはりこれが一番多いです)
2)普段レギュラーガソリンをご使用している場合(ハイオクより堆積物が蓄積しやすい。)
3)さらに粗悪な燃料・ガソリンを使用した場合(堆積物の問題よりも、エンジン破損の危険もあります。)
4)エンジンオイルが劣化しているにもかかわらず、交換していない場合(エンジン内部の清浄作用が低下します。)
5)整備不良の場合。エアーエレメントの詰まりや点火プラグ等の点火系の劣化など
6)その他(事故による修理が不十分な場合など)

これらカーボン堆積物を定期的に除去することにより、常にあなたのおクルマをベストコンデションに保つことが出来ます。
エンジン写真


エンジン試験例

(テスト風景)



→次の項目に TOPページに戻る
どこが違うPEA?
PEAエンジンコンデショナー

カーボン堆積Deposits | PEAとは | PEAの経済性 | PEAの製品説明 | PEAご注文方法 | モニター募集 | PEAエンジンコンディショナー | エンジン内部清浄PEA

*ご質問等は PEAお問い合わせフォーム までお問い合わせください。


PEAエンジンコンディショナー